水呑百姓の家に生まれた次郎吉は、江戸の呉服屋へ丁稚奉公に出ていた。薮入りのある日、久々に故郷に帰った彼は荒れ果てた無人の我が家を目の当たりにした。そして、妹のおみつ(小川節子)は身売りされ、侍屋敷にいることを知った。打ちひしがれた彼が江戸に戻ると、呉服屋では女将とその娘、そして番頭が丁稚を搾取し、差別する話で閑を潰していた。それを立ち聞きした次郎吉は憎悪と怒りに打ち震え、彼らを包丁で脅し、女将と娘を犯した。以来、次郎吉は背中に大蛇の刺青を彫った渡世人となり、侍屋敷を狙う夜這い強盗として暮らした。そして、普段は「緋桜の金助」という若い男とつるんだ。金助は元々旗本で名を金四郎と言い、女中と駆け落ちをして暮らしていた。その女中とは、なんとおみつだった…。“欲望のアナーキスト”曽根中生監督による階級闘争的時代劇ポルノ!脚本を『太陽を盗んだ男』の監督で知られる長谷川和彦が執筆。ヒロインには初期ロマンポルノを支えた小川節子。絹のような柔肌を晒して好演している。

猜你喜欢

HD高清
HD高清
HD高清
HD高清
HD高清
HD高清
HD高清

相关热播

BD
HD高清
HD高清
HD高清
连载8
HD高清
HD
中文字幕